ソファのお手入れ~本革編~

2019.11.15

コメントは受け付けていません。

ソファのお手入れ本革編

 

 

ソファのお手入れはみなさんされていますか?

今回は本革ソファのお手入れについてのお話です。

本革にはいくつも種類があり、その種類によって、お手入れ方法が違います。

牛革は約1cmくらいの厚さがあり、それをスライスして革製品にします。

一番上(表面側)の革を銀面革といい、やらかく、強度の強い革となります。表面の革ですので、傷が多い、少ないがあります。

傷の多い革の場合は表面を削り、傷を隠してから、型押しをし、顔料で色を付けます。

傷が少ない革の場合はそのまま、染料で染めるだけもの、染料と顔料で色をつけたものなどさまざまな革になります。

2枚目からの革を床革といい、銀面革より弱い革となります。化学薬品を使って表面に型押しをして柄をつけます。

このように本革表面の加工の仕方が違うので、お手入れの仕方も変わります。

本革のお手入れやご購入の際のご相談はご気軽にお声かけください。

 

ソファのお手入れ本革編

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る